多汗症を瞬間で改善する20秒プログラム


多汗症を瞬間で改善する20秒プログラム


ずっと何十年も不眠でつらい生活を続けてきた方にとって、
『副交感神経を瞬間的に優位にする方法をすると発汗を抑えることが可能です』なんて
言われても、疑ってしまうかもしれませんね。

それでも信じて欲しいんです。

これから、私がお伝えすることは一般常識からかけ離れているかもしれません。

でも、私の言葉を信じてもらえれば、あなたは『多汗症で苦しむ生活』
を改善することが可能です。



脳に“汗を出すシグナル”を出さないと、必要以上の汗を抑制させることが可能です。

多汗症の方のための対策法は、たくさん存在します。

有酸素運動
寝不足を解消する
ゆっくりお風呂に入る
アロマ
ストレス軽減
制汗剤

しかし、多汗症で苦しんでいる方は、だいたいの対策はやっているはずなんです。

強い制汗剤は、ある程度効果があっても、それ以外は
まるで効果がないという方がいます。

あなたの脳が汗を出すシグナルを出せばどんなに頑張っても、発汗してしまいます。

汗を出すシグナルを出させないことが、抑制の一番のポイントなんです。

私が研究で編み出した、「多汗症を瞬間で改善する20秒プログラム」は
脳に汗を出すシグナルを出させない方法なんです。

そして、20秒で発汗のシグナルを抑制するための方法でもあるんです。
それでは、多汗症は改善されないんです!
どんなに多汗症を改善しようと頑張っても、体質を改善しようと
する対策では、いくら頑張っても効果は期待できないんです。

例えば、一般的な多汗症改善の実例として“適度な有酸素運動”を
すると改善すると言われ続けてきました。

しかし、今まで適度な運動をしたら汗をかかないというアルゴリズムが
脳に当たり前のこととしてインプットされていないと、効果を発揮しません。

今まで、適度な運動をすることで、汗をかかずになった方だけが
適度な運動で多汗症を改善することが期待できるのです。

いくら、理論的に多汗症を抑制できるかもしれない可能性がある方法であっても、
身体が経験をしていない方法だったら、効果は期待できないんです。
とてもシンプルなことをするだけなんです
まだ注目されていませんが、おそらくこの方法が近い将来、多汗症を
抑制するメインの方法となるはずです。

それだけ効果が見込めるということなんです。

副交感神経を瞬時に優位にすることによって、あらゆる症状が改善されているという
結果が確証されているんです。

紛れもない事実なんです。

副交感神経を優位になるということは、汗を出すシグナルを発しないという
ことなんです。

体温調整で必要な発汗以外の、過剰な発汗のシグナルを脳が発することが
なければ、汗自体をかきません。

これこそが、シンプルで且つ、根本から解決へ導く多汗症の改善方法なんです。


>>>多汗症を瞬間で改善する20秒プログラム













[PR]
by kn1966 | 2017-07-06 15:03 | 美容 | Comments(0)

美容と健康


by kn1966
プロフィールを見る
画像一覧