日本最優秀のパーソナルトレーナーが教える腹筋を6つに割る簡単トレーニング法 - EasyBodyMake




腹筋を割るためには正しい方法でアプローチすることが大切です。

素人のやり方では、上手くいかないことが多く
腰や膝を痛めてしまうことがあります。

ここでは、私がクライアントさんに指導している時に、
お伝えしている具体的な方法をご紹介します。

以下の写真の良く知られる、直腹筋の運動があります。

これはしかりと膝を曲げて、まっすぐに直腹筋に負荷がかかるように
体を動かすことが大切です。



腹筋運動のメニューはいくつもありますが、
それぞれに正しいフォームや気を付けて欲しい点があります。

その点を、しっかりと押えるとトレーニングが効果的になります。

もう1つ食事の方法についてもご紹介します。

これは、私の知る医師も言っていたことですが、
消費カロリーが摂取カロリーよりも多ければ自然に脂肪は減っていきます。

気を付けることがあるとすれば、栄養のバランスだけです。

運動の場合は、脂肪の燃焼は有酸素運動によって行われるので
無酸素運動である筋トレをやっても脂肪が減るわけではありません。

ここでご紹介した方法を取り組んで頂ければ、腹筋は徐々に割れていきます。

ですが、自分には自信がない、もっと他の方法を試したいという場合は 私のトレーニング法を実践して頂く事をおすすめします。


>>>日本最優秀のパーソナルトレーナーが教える腹筋を6つに割る簡単トレーニング法 - EasyBodyMake











[PR]
# by kn1966 | 2017-07-09 12:55 | 筋トレ | Comments(0)

不安障害心理療法プログラム




この心理療法プログラムは、全く世の中に出たことのないもので、不安障害の方を実際支援させていただいている現場で取り入れている療法をCDに収録しております。

日頃、認知行動療法や自立訓練法など、実際すべての患者さんに行っているものです。

また、ご自宅で日頃の取り組みとしても患者さん全員に、この心理療法プログラムを使い、呼吸法や気功ストレッチに取り組んで頂いております。

最先端である臨床心理学に基づく心理療法と、古来より伝わる伝統養生法を組み合わせ、病気の改善に最も有効な療法を、ご自宅でも出来るようにプログラム化したものとなります。


>>>不安障害心理療法プログラム





[PR]
# by kn1966 | 2017-07-09 11:31 | 健康 | Comments(0)

躁うつ病心理療法プログラム




この心理療法プログラムは、全く世の中に出たことのないもので、躁うつ病の方を実際支援させていただいている現場で取り入れている療法をCDに収録しております。

日頃、認知行動療法や自立訓練法など、実際すべての患者さんに行っているものです。

また、ご自宅で日頃の取り組みとしても患者さん全員に、この心理療法プログラムを使い、呼吸法や気功ストレッチに取り組んで頂いております。

最先端である臨床心理学に基づく心理療法と、古来より伝わる伝統養生法を組み合わせ、病気の改善に最も有効な療法を、ご自宅でも出来るようにプログラム化したものとなります。


>>>躁うつ病心理療法プログラム






[PR]
# by kn1966 | 2017-07-08 08:31 | 健康 | Comments(0)

躁うつ病心理療法プログラム




この心理療法プログラムは、全く世の中に出たことのないもので、躁うつ病の方を実際支援させていただいている現場で取り入れている療法をCDに収録しております。

日頃、認知行動療法や自立訓練法など、実際すべての患者さんに行っているものです。

また、ご自宅で日頃の取り組みとしても患者さん全員に、この心理療法プログラムを使い、呼吸法や気功ストレッチに取り組んで頂いております。

最先端である臨床心理学に基づく心理療法と、古来より伝わる伝統養生法を組み合わせ、病気の改善に最も有効な療法を、ご自宅でも出来るようにプログラム化したものとなります。


>>>躁うつ病心理療法プログラム






[PR]
# by kn1966 | 2017-07-08 08:31 | 健康 | Comments(0)

パニック障害や不安障害を防ぐには?




不安発作やパニック発作を
短時間で鎮める秘密、お教えします!




不安発作やパニック発作から解放されたいあなたへ
これらで苦しむご家族を救いたいあなたへ



心臓の鼓動が早くなり、初めはその理由が分かりません。

やがて胸が苦しくなり、心臓発作になったのかと感じ始めます。

突然、汗がふき出してきて、不安な気持ちに襲われます。

一体、何が起きているのでしょう?



ちょっと待ってください・・・
これらの症状は、不安発作の兆候です。

様々なことで不安にかられ、発作が起き始めているのです。

身の回りの事が全て悪い方向に向かうのではないかという恐怖がつきまとい、
まるで固まった氷のように身動きができなくなるのです。



胸が痛い、締め付けられるなど、まるで心臓発作のような症状が続きます。

何かあるのではないかと救急治療室で検査してもらうのですが、
心臓発作ではないと言われます。

どんなに調べてもらっても、あなたが疑った病気ではないことが分かります。



さあ、あなたは困ってしまいます。

これは不安発作ではないかと医師に告げられ、ますます困惑するばかりです。

そうです、あなたは不安発作を起こしたのです。



不安とはあなたの心の状態で、心がひとたび不安を感じると、
それに取り付かれてしまうことがあるのです。

全てはあなたの心の中に起きていることであって現実ではありません。

対象が何であるかは関係ありません。

あなたはただ恐れ、どうにもできないのです。



まずは落ち着いてお聞き下さい。
不安発作やパニック発作をコントロールする
解決策はあります・・・



本書では、不安発作やパニック発作が起きた時に何をすれば良いのか、
そのヒントに加え、さらなる改善のための情報が盛り込まれています。



家族の世話をしながら仕事は多忙を極め、
職場では人間関係がなかなかうまくいかない・・・

現代の社会では、あまりにたくさんの事が同時進行しているためにストレスがかかります。

ある時点までくると、あなたの神経も限界にきてしまうでしょう。



だからこそ、本書が重要になるのです。

本書の内容は、不安発作やパニック発作の症状を和らげるのに役立ちます。

劇的な出来事に巻き込まれれば、あなたは振り回されてしまうかもしれません。

そうならないためにも、あらかじめ本書でお伝えする心構えが必要なのです。


>>>パニック障害や不安障害を防ぐには?







[PR]
# by kn1966 | 2017-07-08 08:28 | 健康 | Comments(0)

美容と健康


by kn1966
プロフィールを見る
画像一覧